地域・社会貢献活動

地域社会に密着した社会貢献活動から事業を通じての地域・社会貢献まで、多岐にわたるCSR活動に取り組んでいます。独自プログラムにより、社会への貢献を実現・達成します。

エコキャップ運動・ボランティアベンダーの推進

エコキャップ運動は、世界の子どもたちにワクチンを届けるとともに、資源リサイクル、環境負荷低減に一役買っています。また、手軽にできる社会貢献として、ボランティアベンダー(社会貢献型の飲料自販機)を飲料自販機に導入しています。自販機オペレーター様ご協力のもと、売り上げの一部をWFP国連世界食糧計画、各NPO団体等に寄付しております。

チャリティ販売等の開催

社会貢献意識醸成の機会提供のために社員参加型のチャリティ・販売会など手軽に参加できる企画を実施し、障がい者就労をサポートしています。

特例子会社を通した活動

東京本社入居の浜松町ビルディング主催の「社会貢献活動」や社員向けに販売会で、当社特例子会社T-NET Viglaが香川の特産品を販売しています。今後も種々の取り組みを通し、「生き生きと働く障がい者」拡大への後方支援に努めます。

株式会社T-NET vigla
 障がい者に働きがいのある職場を創出するという創業者の強い思いのもと、当社の特例子会社として2005年設立。
厚労大臣の認定を受け、地元特産品販売にも積極的にチャレンジしています。

NPOを通した活動

当社ではRDD JAPANの活動の趣旨に賛同し、シミックグループ様他と企業間連携の形で「希少・難治性疾患者への支援活動」を展開しています。

Rare Disease Day (世界希少・難治性疾患の日)とは、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指して、スウェーデンで2008年から始まった活動。東京本社入居の浜松町ビルディングはRDD公認開催地の1つで、本活動を広く応援しております。

 

RDD Japanhttps://rddjapan.info/

NPO法人AlonAlonが運営する「Atelierひと想い・はな選び」(胡蝶蘭や花束購入プログラム)を通して、障がい者の自立支援を行っています。

地域貢献活動

「会社も地域の一部」との責任を自覚し、地域社会の良き一員として、より良い地域社会実現のために、諸活動を積極的に推進しています。

清掃活動

当社の全国各拠点では、定期的に事業所周辺の清掃を行い、地域と密着した活動を展開しています。また、事業拠点ごとに独自に地域支援活動を実践しており、今後もさらに様々な活動を通し、地域の人々と進んで関わりを持ち、地域から信頼される良好な関係を構築します。

災害支援

東日本大震災の教訓を伝え、防災へ資する産学協同で手がける価値あるプロジェクト「3.11伝承ロード推進機構」に賛同し、支援しております。当社CS事業部の様々な技術支援業務を通して、各地での災害支援を行っていますが、地域の方々どうすれば貢献活動に還元できるかを考え、今後も被災地支援の効果的なあり方を考えながら、活動を実践していきます。

3.11伝承ロード推進機構ホームページ:http://www.311densyo.or.jp/

当社CS事業部東北支社が2019年の台風19号災害復旧対応への貢献が高いとして、国土交通省東北地方整備局から感謝状を贈呈されました。
今後も業務を通した社会への貢献に努力してまいります。

事業活動を通じた環境貢献

ティーネットグループでは、事業活動を通じて環境や社会に配慮した持続可能な未来を社会と共に築き上げていくため、CSR活動に積極的に取り組んでまいります。

現在では環境に配慮したさまざまな製品を提供することで、社会的な課題解決に貢献しております。

LEDを活用した省エネな工場へ

当社では、環境問題の一つである二酸化炭素排出量の問題について、LEDの販売を促進することによって電力使用量を抑え、CO2排出量の削減に貢献しております。

LED販売による省エネ効果

当社販売開始時点からのLED累計販売実績に照らすと…

 

4億9,750万 kwh削減=

CO2 2億8,811万 kgの削減に貢献!!

 

※年間営業日260日、1日10時間点灯の場合

※CO2排出係数は、0.579kg-CO2/kwhで計算しております。出典:環境省『電気事業者別排出係数-平成26年度実績‐』

スギの木に換算すると…

 

2,058万本分の削減効果!

 

※林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策(H.14)」による50年生のスギ1本当たり1年間に約14kg のCO2を吸収するとして換算。

ダイバーシティ&ワークライフバランス

当社は、「未来サービス創造企業」として、多様な視点や価値観、多彩な個の力を生かし、新しい価値の創造のためにも”ダイバーシティ&ワークライフバランス”を積極的に推進しています。

事業活動に関わる全ての人を擁護し、尊厳と価値を尊重します。性別、年齢、国籍、障がいの有無、さらには職務経験や価値観など、あらゆる違いを超えて社員が活き活きと働ける職場環境を整備することによって、様々な"個"の力を引き出し、生産性向上と継続的な成長を目指します。

具体的取り組み

当社は職と生活面のありようを見直し、様々なニーズとのバランスをとった育児休業、育児短時間勤務、在宅勤務制度等が評価され、2020年に厚生労働大臣認定「くるみん」マークを取得しました。