多岐にわたるCSR活動を推進

 あらゆるものがグローバル化・オープン化された現在において、企業活動が社会と密接につながり、企業の独善ではビジネスは成り立たない時代。
 今、企業には、環境・人・社会への関わり方と責任を重要視しつつ企業価値を向上させることが求められています。
 ティーネットジャパン
のCSRに対する基本的な考え方は、『トータルエンジニアリング・カンパニーとして、幅広い技術をグローバルに展開し、新しい日本の発展に貢献する』という経営理念のもとに、地域社会に密着した社会貢献活動から事業を通じての地域・社会貢献まで多岐にわたるCSR活動に取り組んでいます。
 「会社も地域社会の一部」として責任を自覚し、地域社会の良き一員として、より良い地域社会実現のために社会の課題解決や発展、そしてサステナビリティな未来社会を築くため、CSR活動に積極的に取り組み、企業価値の持続的向上を図ります。

リスク管理・コンプライアンス活動

 企業経営を安定的かつ継続的に行うことが社会的責任であると考え、リスク管理、コンプライアンスの強化・確立を図っています。

  • 「誠意と信頼」を共通の価値観に据えた、企業活動・業務を通じ、コンプライアンスの実践・徹底を図っています。
  • 当社を取り巻く経営環境の変化を適切にとらえ、内部統制システムに基づくリスク管理活動を徹底しています。

地域・社会貢献活動

 多くのステークホルダーとの交流・調和を目指し、社会や環境に配慮した諸活動を推進しています。

  • 特にお客様との信頼関係を大切にし、事業を通じて、豊かな地域・国際社会を創造します。

  •  株式会社T-NET vigla(特例子会社)を通じ、障がい者に働きがいのある職場を創出しています。
  • 環境保護の重要性を意識し、環境負荷が少ないサービス・製品開発に尽力します。

 社会的責任への積極的な取り組みと企業の持続的成長を実行するためには、経営理念、企業行動理念、社員行動理念に基づき、確固たる信念を持ちつつ、環境変化に適応していくことが重要です。
 今後もティーネットジャパンでは、経営とCSRを一体化させた事業展開を強化し、安定した経営基盤と持続的成長で広く社会の発展に貢献、尽力してまいります。