ティーネットジャパンは、『トータルエンジニアリング・カンパニーとして、幅広い技術をグローバルに展開し、新しい日本の発展に貢献する』ことを経営理念としています。
高付加価値を追求する企業集団として、発注者支援業務から機械・電気・電子・ソフトウェア・プラントエンジニアリング・環境・エネルギー分野までの幅広い事業領域において、多様な技術分野を集積・融合し、独自性に富んだ事業を展開しています。
海外におきましても、グループ力を駆使し、ASEAN、インド、中国、欧州などに積極的に展開しています。特に車載機器・OA機器・家電部品の設計/調達 /生産/販売においては、グローバルかつ最適化された体制を構築しています。また、自動車製造工場のプロジェクトマネジメント分野における実績も、アジア や欧州のみならず、北米、南米と世界中に広がっています。
企業活動が社会と密接につながり、グローバル化、オープン化が進む現代において、企業成長には社会との調和が不可欠です。環境、エネルギー、高齢化、福祉などの現代社会が抱えるさまざまな課題に対して、ティーネットグループは『技術と人の力』をもって、正面から取り組んでまいります。

スピードとチャレンジ精神をベースに、ニッチトップで業界をリード。

多様な技術分野や事業領域を持つティーネットジャパンには、トップランナーとして業界をリードしている分野があります。
例えば、建設コンサルタント登録の【施工計画、施工設備および積算】部門で14年連続売上高1位(『日経コンストラクション』2016年5月9日号掲載の「建設コンサルタント決算ランキング2016」)の実績があり、エコシステム部門が取り組んでいるLED照明器具は、工場や倉庫の水銀灯照明に替わる大型照明器具として評価を受け、高いシェアを獲得しています。
また、バナナ、青果物の成熟・鮮度コントロールの特殊空調エンジニアリングなども高いシェアを獲得し、トップランナーとしての実績をあげています。

今後もティーネットジャパンでは、スピードあふれる事業展開と、高い目標へ積極的にチャレンジする社風をベースに、「かんがえろ やってみろ みんなのために」という社是のもと、常に新しい技術開発と新たな分野へチャレンジしつつ、安定した経営基盤と持続的成長を実現してまいります。