鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)発注新幹線工事などの『技術資料作成業務(電子納品)』をお手伝いいたします。

建設情報技術グループでは、これまで数多くの技術資料保存業務、技術資料作成業務を行っています。

平成23年2月には、技術資料作成業務の体制強化を図り、九州新幹線(西九州・長崎ルート)の対応をさらに強化するとともに、新しく北海道新幹線への対応も可能となりました。

 

鉄道・運輸機構(JRTT・旧日本鉄道建設公団)様の電子納品業務は、北海道新幹線・東北新幹線・北陸新幹線・九州新幹線をはじめ、 多くのノウハウと実績(実績表:2015年12月10日現在 439件(元請11件含む))を有する建設情報技術グループにお任せください。

サービス内容

1.事前準備・事前打ち合わせ・資料整理 他

鉄道・運輸機構(JRTT)様との事前打ち合わせにも同行し、作業内容の確認を行います。
また、資料内容の確認(不足資料の確認など)、数量計算(枚数算出)など、お客さまにとって面倒な作業を代行いたします。

 

2.スキャンニング

それぞれの資料に応じて、鉄道・運輸機構(JRTT)様が定める仕様(新幹線、その他)に合った、適切なスキャンニングを行います。

 

3.キーワード割り付け

建設コンサルタントならではの設計・施工スタッフ(JRTT業務委託経験者)が、資料の内容を確認しながら、正確なキーワード割り付けを行います。

 

4.キーワード入力

資料毎に電子化された画像データを割り当て、分類・キーワードなどのデータを入力します。
整備新幹線 財産・技術データ管理システム(JDIS)

 

5.成果品作成

納品用2部とお客さま控え1部の計3部をご納品します。 また、建設情報技術グループのスタッフが納品に同行し、納品時のご説明のお手伝いをいたします。