1976年、ドル・ショックやオイルショックにより建設業界を取り巻く環境が激変するさなか、ティーネットジャパンは日本初の土木施工管理を専門とする会社として産声を上げました。

創業来39年間、世の中の環境は目まぐるしく変わり、私たちの社会はこれまでになかった多くの課題に直面することになりました。そして、ティーネットジャパンはこれらの課題を「技術」で解決するべく、日々新たな技術や困難に挑戦し続けています。

2020年東京オリンピックに向け、日本の公共インフラ再生は一段と加速、活性化してきています。時代はまた、大きく変わろうとしています。
この大きな変化を力に変えて、ティーネットジャパンは社会のため、人々のために「夢」を「カタチ」にする挑戦を続けていきます。

2011年の東日本大震災。1960年代の高度経済成長期に整備されたインフラの老朽化。地球温暖化によるエネルギー変化など。
私たちの社会は実に多くの課題に直面しています。
社会インフラの老朽化は今後もさらに広がり、深刻さを増すでしょう。それとともに、社会インフラの維持管理のための熟練した経験とノウハウが必要とされています。

私たちティーネットジャパンは「つくることから まもることまで」、創業以来、橋梁や道路、トンネルなどの「建設コンサルタント」分野で安全で快適な社会インフラの整備・再生に貢献してきました。
また、大型LED照明の製造・販売をはじめ、次世代の代替エネルギー源の開発や自然エネルギー普及への取り組みから、災害発生時に最も重要となる飲み水の確保に役立つ小型造水機の開発・販売まで、環境保護や省エネに貢献する事業も手掛けています。

建設コンサルタント「施工計画、施工設備および積算部門」で、14年連続売上高1位※というゆるぎない実績とともに、これまでに培ってきた高い技術力と豊富な経験により、ビジネスそのものが社会の課題を解決し、人、そして社会を幸せにする仕事。それがティーネットジャパンが考える「ビジネス」です。

※「日経コンストラクション」2016年5月9日号「建設コンサルタント決算ランキング2016(施工計画、施工設備および積算部門)」より。

社会インフラの維持管理を通じて、人々の生活を支えています。国道336号(黄金道路)覆道補強
拡大
社会インフラの維持管理を通じて、人々の生活を支えています。国道336号(黄金道路)覆道補強
大型LED照明の普及を通じて省エネに貢献しています。東京本社ショールームにて。
拡大
大型LED照明の普及を通じて省エネに貢献しています。東京本社ショールームにて。

私たちティーネットジャパンは、高い専門性と技術力をもつプロフェッショナルな技術者の集合体です。
国内外含め2,500人の社員が、社会の課題と常識の壁に挑戦し続けています。

激変する社会とそこに横たわる課題、社会のニーズを見抜き、常にこれを解決する新しいビジネスを生み出してきたパワーとは何か。
それは「チャレンジスピリット」と「スピードアクション」という精神に他なりません。
「ティーネットジャパン人」には皆例外なく、自らが率先して何かを始めようという創業者のDNAを受け継いだ「チャレンジスピリット」が息づいています。
社員から「夢」を募った新規事業コンテストでは、実に333通ものアイデアとそれに懸ける熱い想いが集まりました。
事業化し大ヒットとなった大型LED照明や業務用電動アシスト三輪自転車も、このチャレンジから生まれたものです。

ティーネットジャパンには、他に類を見ないほどのスピーディーな行動力があります。
企業としての持続的成長を実現するためには、時代の変化を読み、新たな事業に挑戦し、それを確実に成功に導く行動力が必要不可欠です。
これなくしてはグローバル社会に対応していくことはできないと考えています。

「かんがえろ、やってみろ、みんなのために」という社是の通り、今日も走りながら考える熱い「人」が、ティーネットジャパンを支える原動力です。

EVカーレースにも毎年参戦しています。<br/>車両の設計から製作まで行い、優勝を目指し改良を重ねています。
拡大
EVカーレースにも毎年参戦しています。
車両の設計から製作まで行い、優勝を目指し改良を重ねています。
放送・通信関係のシステム開発を得意としており、最先端分野のプロジェクトも進行しています。さらなるビッグプロジェクト獲得にも挑戦中です。
拡大
放送・通信関係のシステム開発を得意としており、最先端分野のプロジェクトも進行しています。さらなるビッグプロジェクト獲得にも挑戦中です。

私たちティーネットジャパンのパワーの源である「夢」。
それは「みんなのためになる」仕事をすることです。
家族のため、仲間のため、社会のため、人々のため。必ず誰かのためになる、そんな仕事をしたい。
それが私たちティーネットジャパンの変わることない夢です。
例えば、大型LED照明。
温暖化に悩まされる地球の環境・省エネをなんとかしたいと思い続けたひとりの社員の、小さいけれど大きな「ユメ」を実現化したものです。

私たちは、社員一人ひとりの夢とユメをつなげビジネスにしてきました。
私たちの挑戦が続く限り、これからも夢をカタチに、未来の豊かな社会づくりにつなげていきたいと考えています。

そして、ユメは世界に広がろうとしています。
中国・インド・東南アジア・欧州・北米を足がかりにして、世界中にティーネットジャパンの事業は拡がっています。国境を越えて誰かのためになる仕事をする。それはもうひとつの「夢」でもあります。

世界に広がるティーネットグループ
拡大
世界に広がるティーネットグループ
海外グループ企業とのTV会議も活発に行われています。
拡大
海外グループ企業とのTV会議も活発に行われています。

当社は、1976年(昭和51年)の創業以来、人々の安心・安全を守る社会インフラ整備を通じて、暮らしと社会に貢献するさまざまな事業に携わってまいりました。

今日世界は、環境、エネルギー、高齢化など、さまざまな課題を抱えています。
私たちはこれまで培った社会インフラ関連技術に加え、新たに情報技術、ものづくりに関連する幅広い技術を駆使し、これらの課題解決にチャレンジしつつ、安定した経営基盤と持続的成長を実現してまいります。
中期的には、トータルエンジニアリング・カンパニーとして、エンジニアソリューション事業、プロダクト事業、プラントエンジニアリング事業の3つの柱をしっかりと確立します。

さらに、事業間シナジーの強化、事業ポートフォリオの強化を推進すると共に、『経営基盤強化』・『グローバル展開』・『人材育成』の3つの成長戦略を実行してまいります。
これからも当社は人類の豊かな未来の実現という夢に向け、T-NETグループの総力をあげて高付加価値の追求に取り組んでまいります。今後ともより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。